校長挨拶
12歳のわたしとぼく
沿革
学校方針
行事(年間)
1日のくらし
卒業生より
環境
学校探検
安全対策
進路
進路

卒業生から


西南学院中学校  44回生 生田 雅也 西南学院中学校の生活



西南学院中学校
44回生 生田 雅也

教室の窓からヤフオクドームや福岡タワーが見えるこの学校で、僕は毎日楽しく充実した中学校生活を過ごしています。西南中学校は部活動が盛んな学校で、九割の生徒は部活動をしています。文化部では珍しい弦楽部もあります。僕はサッカー部に入りました。週末はほとんど試合で潰れますが、たくさんの素晴らしい先輩方や友人に恵まれ、大好きなサッカーに思いっきり打ち込んでいます。毎日課題があり勉強との両立は大変ですが、時間を上手く使って集中して家庭学習を頑張っています。
 海星小学校はカトリックの学校ですが、西南学院中学校はプロテスタントの学校です。お祈りの仕方が違ったり、聖歌から讃美歌に変わったりと最初は戸惑いもありました。ですが、同じキリスト教を基盤とする学校なので、マリア幼稚園、海星小学校と宗教教育の学校で学んできた僕は、多少の宗派の違いがあってもすぐに溶け込む事ができました。中学校では週一回チャペルの時間があり、様々な先生方のお話を聴いて感想レポートを提出するなどの聖書の授業があります。これは、海星小学校の時のみことば作文の時間や宗教の授業と似ているなぁと感じます。そんな時、小学校時代の事を懐かしく思い出します。 
 このように、楽しい学校生活を送れている僕は、毎日神様に感謝しています。この大好きな西南学院中学校で6年間、部活動や勉強を頑張って自分自身を更に成長させていきたいと思います。
福岡大学付属大濠中学校 44回生  吉川 彩織 大濠の1年生となって



福岡大学付属大濠中学校
44回生 吉川 彩織

  私は大濠に入って最初に、海星と同じ朝の読書タイムがあることに驚きました。さらに、8時15分までに登校完了、8時15分〜30分まで読書と時間帯もほぼ海星と同じで慣れやすかったです。入学して1カ月足らずで宿泊研修があり、皆あまり馴染めていない中で、しっかり活動できるか不安でしたが、この研修を通して、私も含め皆一気に仲良くなれたようでした。また、宿泊するもの以外にも学校の外に行く行事は数回あり、どれも新鮮で楽しいです。
 部活は書道部に入りました。書道では、自分で何を書くか決め、作品を仕上げたら自分で掛け軸を作って文化祭で展示します。文化祭が近づくと大変だけど、それ以外は個人練習で自分が納得するまで書いて好きな時間に帰れるので、習い事がある人も入っています。1年生は必ず部活に入らないといけなくて、どの部活動も月曜、水曜が必須日です。高校と合同の部や同好会を含めると、文化祭、運動部それぞれ10部くらいから選ぶことができます。
 テストは、毎学期3、4回ほどあります。小学校よりも点を取るのが難しいし、課題も小学校ほど簡単ではなく、努力して頑張っています。授業は今までと全然違うものもあります。しかし、英語の授業では海星でも歌った英語の歌を皆で歌うので、とても楽しいです。  最近は勉強や部活動でたまにすれ違っていた海星小学校のスクールバスも見かけなくなってきました。よく友達と「小学校が一番だった」と話します。今を思いっきり楽しんでください。また、海星小学校に会いに行きます。
保護者後援会会長 木村 秀子

保護者後援会会長あいさつ



保護者後援会会長
木村 秀子
 

 海星小学校は、豊かな自然に囲まれた1学年1クラスの小さな小学校です。子どもたちは、神様の愛に包まれた環境の中で学び、遊び、多くの事を感じることができます。
 私共保護者後援会は、学校行事のお手伝いをさせていただきながら先生方と共に子どもたちの成長を見守っていきます。
 今年も「森のある小学校」で学年を越え仲良く楽しく活動をしていきたいと思っております。